デザインは無限

私は数年前からデザイン系の仕事をしています。
デザインをやるにあたってまったくの素人でしたが、
なんとか毎日頑張ってやってきました。
怒られる毎日に少し嫌気もさした事もありました。
思うように私自身がデザインをできず苦しんだ時期もありました。

そんな私も今ようやく5年がたちデザインの基礎くらいは勉強できたと思います。
デザインといってもまだまだのレベルですが楽しくやれるようになってきました。
クライアントからはもっとイイ物を作れなどと怒られる毎日ですが、
私のイメージの物を形にできるようになったり、
私自身のデザインという物を見つけられるようになりました。
クライアントによっては私のデザインという物を全否定されることもありますが、
それもまた勉強だと思えるようになりました。

デザインは無限だと思います。
誰ひとりとして同じ物はないし、その人のデザインのゴールはその人だと思います。
もちろんクライアントの方がからめばまた違ってはきますがデザインは本当に
深いものだと思います。

これからまだまだの私ですが、沢山吸収し学び頑張りたいと思います。

昔ながらのカレンダーが少ない

皆さんはカレンダーはどういったものを使っているでしょうか。

最近はスマホやケータイのお陰でべつに部屋にカレンダーがなくても困らなくなったせいか、
以前に比べてカレンダーは売れていないような気がします。

昔は12月半ばになるといろんな会社からカレンダーをもらって、
カレンダーだけで10個以上はありました。
もちろん全てを吊るすわけにはいかないので、
幾つかは処分していたのですが、
今年はどんなデザインのカレンダーが来るのか楽しみにしていたものです。

最近のカレンダーは絵や写真がメインで、
日付は申し訳程度しかないものがあり、
とても日付が見づらいものが多いような気がします。

カレンダーは日付けを確認するためのものですから、
なるべく数字が大きく書いてある物が好きなのですが、
そういった昔ながらのカレンダーは少なくなってきていて、
ほとんどカレンダーというよりも飾り物といったカレンダーばかり売っています。

それでもいい人もいるでしょうが、
私はあまり視力が良くないので、
ひと目で分かるくらいの大きさで日付が書いてあるカレンダーの方が助かります。
できることなら色々とメモをするスペースが広ければベストですね。

昔はカレンダーを買うということがなくて、
もらってきたカレンダーで間に合っていたのですが、
今年はお気に入りのカレンダーを探して、
お店を回る羽目になりそうです。

自転車を出すのが大変でした

 ドトールコーヒーに入りました、いつも自転車で行って隣のビルの前に止めておきます。そのときにちょうど隣のビルの前の道路で工事をしていて道路のタイルを交換していたみたいでした。炎天下のもとで工事しているおじさんがとても暑くて大変そうでした。
 そしてドトールでアイスティーを飲んで30分くらいして戻ると、工事をしている場所が変わってちょうど自転車を止めていたところの前の道路を工事をするみたいでその準備をしていました。
 自転車をちょっと横の方へずらしてもらえれば何事もなかったのですが、自転車はそのままにして周りに柵をして荷物や機材が置かれてしまい、車道の方にも工事の車と他の駐車している車がいるので自転車が出せなくなってしまいました。
 自転車を出そうとしたら工事の交通整備の人が来て前に散らかっていたものをどけてもらってようやく脱出できました。工事の人に余計な仕事をさせてしまいました。あと2台隣にあったので自転車を出すついでに横に出しておいてあげました。

スマホにしようか悩んでいます

40代の主婦です。一応携帯電話は持っていますが、たいして使わないので月々の使用料も2千円くらいです。通話も家族間は無料なのでほとんど家族としか話さないので十分なのです。
しかし、だいぶ使いこんできましたので、すぐに充電が切れたりなんだかあやしくなってきました。携帯電話のお店に見に行きましたが、店員さんは今流行のスマホをすすめられます。でもスマホってずっとつなぎっぱなしなんですよね。そうすると、通信料だけで毎月5千円はかかってしまいます。そんなに利用することはないので、普通の携帯にしようかと思いましたが、普通の携帯も結構高いんですよね。
あきらめて帰宅しました。まあ、まだ壊れたわけではないし、大事に使わなくっちゃ。でも、もうこんな古い携帯電話なんて持っている人、たぶんいないと思います。いっそのこと、携帯やめようかな。でも、病気がちなわたしって急に体調が悪くなることがあるからお守りかわりなんですよね。

東北に夜釣りに行く

私は冬になると楽しみにしているものがあります。
それは東北に釣りに行くことです。

冬になると色々な魚の釣りシーズンになりますが、
その中でもソイとヤリイカが良いシーズンになるために、
毎年のように釣りに行きます。

しかし難点があり、
まずは雪や凍結などで道路を運転するのに非常に気を使うことです。
雪道やアイスバーンは慣れているとはいえ、
一歩間違えば大事故に繋がりますから運転は慎重になります。

2つ目は釣りの時間です。
先に挙げた二つの魚はどちらも夜に釣るのです。
当然ながら氷点下の中での釣りになるので、
寒さに耐えないといけません。
道具に付いた水滴などは凍っていくほどの寒さになることもあります。

できれば手袋をして釣りができればいいのですが、
細い糸を使うために手袋をすると感覚が分からないので、
手袋をしないで釣りをします。

そのために手が凍ったように冷たくなってしまいますが、
どうしても手袋ができないので仕方ありません。

しかしその寒さや冷たさも、
一度魚が釣れれば気にならなくなります。
大物を釣り上げた時などは寒さもいっぺんに吹き飛んでしまいます。

その反対に全く釣れないと寒さばかりが身にしみて、
非常に辛いだけの釣りになってしまいます。
それでも釣りに行くのは、
やはりそれだけの魅力がある魚と地方だからだと思います。

素直が一番

仕事で2年生の人と一緒に働いています。

とにかく、本当になにも知らないのです。
だけれど、素直にわからないから、聞いてくるので
教えて、やってもらった方がいいと思うので
時間はかかるけれど
教えています。

私は設計事務所で仕事をしていますが
彼はまず、図面の書き方を知らないのです。
それだけではないのだけれど。。

私も、彼の年齢のときは
何も知らず、学ぼうともあまりしていなかったけれど
教えてもらって今に至ります。
教えてもらうのが当たり前とは
思っていなかったけれど
教えてもらわないと、仕事ができなかったので。

今になって思います。
私に仕事を教えてくださった人達は
きっと、今の私以上に
大変だったと思う。
彼らの恩に報いるためにも
素直に聞いてくる人には教えます。
建築で知識はずっと勉強しないといけないと
今は思っているので
建物を観たり、本を読んだり
日々学んでいます。

以前、よく、ボスと建築の話をしていて
根本を覆すようなことを言ったりしていました。

私の廻りは、ほとんどが建築関係で
ゼネコンだったり、設計だったりは
しますが
みんな技術で勝負する仕事です。
その中で、あれはどうだとか、これはどうやると安くできるの?とか
お酒を飲むときでも
そんな話をしています。
私にしか出来ないことをやりつづけて行こうと思うのです。

公園でどろんこ☆

この間の日曜日に久しぶりに家族で公園に行きました。
主人と娘と愛犬2匹も連れて、車で家から少し離れた大きな公園まで行き、
娘と愛犬達を思いっきり遊ばせました。
娘は砂場に夢中になっていました。
ただ、ちょっと目を離したすきに濡れている砂を触ったらしく、
服がどろんこになっていました。
汚れてもいい服を着せていましたが、
ちょっと汚れたのをいいことに、主人と娘はもう汚れてしまえといわんばかりに
めちゃくちゃしてくれました。
けっきょく娘と主人は泥まみれで、
車に乗る前にキレイにするのが大変でした。
でも娘も主人も愛犬達もすごく楽しそうだったので良かったです。

カラオケの楽しさ再認識

昨日親友の二人カラオケに行ってきました。
気をはることなくワイワイ!歌ってしゃべって、今の私の最高のストレス発散方法です。
結婚し子育てに追われていた20年、カラオケなんて忘れていたのですが、子供たちも大きくなり、自立の時期を迎えると私自身の人生を考えてしまうようになりました。
幸い親友が居てくれて、子育て中から色々と気分転換に付き合ってくれていたのですが、ショッピングとか美術館とかは楽しむものの、カラオケには行ったことがありませんでした。
そんな親友の一人から、時間があるなら久しぶりに行ってみようと誘わたのがこの春、行ってみて驚きました。
昔とは何もかもが違う!料金も一曲あたりではなく時間制ですし、飲み物は飲み放題、曲の入力も簡単で、これは楽しいとすっかりハマってしましました。
音楽の力って凄いですよね。懐かしい曲を流すとそのイントロだけで、当時着ていた服やしていた恋、全てが蘇ってきて、親友と二人、大笑いしたり大泣きしたり・・何だか忘れていた自分の時間が戻ってきたような気がします。
最近では新しい曲にもチャレンジ、切ない恋の歌とか歌うと、恋もしてないくせに失恋したような気分になるから笑っちゃいます。心も頭も柔らかくしてくれるカラオケ、次回が楽しみです。

子供の成長を

来年子供が保育園へ入園します。子供の成長はとても速いもので、つい最近まで赤ちゃんだと思っていたのに、もう保育園に行くのかと思うと、うれしい様な少しさみしい様な複雑な気持ちです。毎日二人の子供の子育てに追われ、たまには一人でゆっくりとショッピングでもしたいと思う事が何度もありました。しかし、来年の春からは上の子供とは昼間に今の様にお出かけできなくなると思うと、やっぱりさみしいです。今の内に沢山公園へ遊びにいったりしておきたいです。そしてあっという間に小学生になってしまうのだろうなと思います。いつまでも母親を慕ってくれる子供でいてくれるとうれしいです。

神主さんの家系

最近知り合いになった人が、『代々、神主の家系』の人。
私は実は、筋金入りの神社好き(笑)

神社の話しをすると止まらない…。
でもあまりにマニアックすぎて、今迄そんな話しをできる人が周りにいなかったんですよ(笑)

でも、その人と知りあいになってからは、当然のように
『マニアックな話しのオンパレード』です(笑)

そりゃそうですよね、私は単なる神社好きだけど、向こうにとっては、
小さい頃から見聞きしていたのが神社の作法やら神社の由来やらなんですもん。

神主の家系という事もあり、その人は神主さんなのかと思いきや、
結局家はお兄さんが継いだそうです。

でも、いいなぁ。
色々と中にいたら大変な事ばかりなんだろうけど、私にとっては
神主の家系って羨ましすぎる。