石見銀山ツーリング

先日、石見銀山にツーリングをして来ました。
ルートとしては、広島方面から、石見銀山に向かって国道375をずっと北上します。
三次市付近は道がまだ整備されておらず、多少走りにくいのですが、作木あたりからはかなり綺麗に整備されており、江の津川に沿ってかなり走りやすい道が続きます。
交通量も少なくとてもオススメなルートになります。

また、石見銀山は世界遺産にも登録されていて、昔の銀山の遺構を自然を守りつつ遺しています。
一部区域は車両の乗り入れは禁止されており、ゆっくりと歩いて見て回るのもよし、電動自転車でさっと見て回るのもよし、それぞれのスタイルに合わせて観光出来るスポットです。

戦国時代から江戸時代にかけて、日本を支えてきた歴史ある遺跡を見ると、今の日本があるのもこういう資源があったからなのではと感じます。

帰りは松江自動車道まで出て、そこから三次東ICまで無料の高速道路を使いました。
無料の割りにすごく使いやすいルートなので、出雲や松江方面に行く時にみなさんも使ってみてはいかがでしょうか?
ツーリングの季節になって来たので、これからもドンドンいきたいと思います(≧∇≦)