セキセイインコ大好き

セキセイインコ。
それは愛嬌もあって、会話をしてくれて、私の癒しです。

私の家は、代々セキセイインコを飼ってきました。
いまでも、お婆ちゃんの家や従姉妹の家にはセキセイインコがいます。

記憶があるなかで覚えているのは、小学生のときに飼っていたピーちゃん。
この子は、とてもなつきやすく、名前を呼ぶと飛んできてくれました。

ある日卵を産んだピーちゃん。
無卵生の卵を何度も何度も産むようになりました。
病院へ連れていった父親からの話だと、どうやらガンにかかってしまっていると言うことでした。

毎日毎日、嫌がる薬を飲ませては看病を続けていたのですが、そのかいもなく死んでしまいました。
約三年の付き合いでしたが、悲しみは深く、小学生ながらとても傷付きました。

それからも何羽か飼っていたのですが、脱走してしまったり、カップラーメンの中ドボンして火傷してしまったり、どうやら我が家では飼うなと言うお告げなのではないかと思うほどでした。

そんなこともあって、しばらく飼うことを辞めていたのですが鳥とは縁が切れないようで、雀の雛を拾ったり、知り合いのおじさんから頂いたりしていました。

しかし、病気などで死んでしまってからは飼うことはなくなりました。

いまでも、セキセイインコを迎え入れたいと思っていますが、旦那が嫌がるのでもうしばらく先かなと思います。