風貌について

自分で言うのも何ですが、私、自分の風貌に自信をもっております。
誤解なきように言いますと
逆の自信です。
自信がないのです。
暗いお話ではないのです。
私の風貌は、怖いのです。
強面なのです。
ちょっと親しくなりたくない、なという目つきであり、体格なのです。

それなのに、です。
老若男女問わず、私に道を尋ねて来るのです。
醸し出す人間性かとも思うのですが、そんな人間性も香り立つような、心地よいものでもありません。
むしろ不器用です。

なのに尋ねてくるのです。
隙があるのでしょうか?
まあ、折角私に尋ねてくださったのだから、精一杯判る範疇はお答えするのですが、
道を尋ねるというのは、風貌ではないのでしょうか?いかにも、道を知っていそうだ、という雰囲気でしょうか?私なら、わたしタイプの人には尋ねないのですが・・・・・。

 昨日も尋ねられました。

東の方角はどちらでっしゃろか?年配の女性です。

ええとね、おうちのアンテナがあの向きだから、あちらが
生駒山です。
から・・・
大阪では、UHFアンテナが生駒山を向いています。
大阪のから見て生駒山はざっくりと東方角かな・・・
エライ古い事言いはりますな・・・最近の人は言わないのでしょうか?
古い事か、言われちゃった・・古い人間ですから・・はい。