映画館で一番心配なことといえば

私の場合はトイレ。

映画を観ている途中に行きたくなってしまうんじゃないかと思うと、気が気じゃないのです。

家でDVDを観ているときは2時間平気で観られるし、出かけて2、3時間トイレに行かないのも普通です。

日常生活をしていて長時間トイレに行けないことを不安に思うことなんてないのに、映画館だけは別なんです。

あの閉鎖空間がいけないんでしょうか。

高い(DVDと比べて)金額を払って、途中抜けるのがイヤだという心理の現れでしょうか。

とにかく、映画館へ行くとトイレが気になって仕方ない。

過去に2回、上映中に我慢できずトイレに立ったことがありますし、作品中盤くらいから尿意に襲われ「早く終われ~」と思ったこともしょっちゅう。

なので最近は映画に行く予定がある日は極端に飲み物を避けています。

飲まなければ出ない、という単純な思考です。

ですがどうやら「強迫性なんたら」というような感じに、精神的負荷がかかると膀胱が縮み、余計トイレに行きたくなる悪循環が働いているらしいのです。

人間の体って、なんだかすごい……。

なので次に映画館に行くときは「飲み物を控える」の代わりに「トイレを気にしないよう心がける」という妙な目標ができました。